立ち直らせる天才

夫にひとつ難点があります。

 

 

 

 

 

 

 

字が汚いの。

 

 

 

 

 

 

っていうかもはや字じゃないかもしれない。

 

 

だってこんな感じですよ?

 

 

 

 

漢字一字ですが、読めます?

 

 

【朝】です。

 

言われてみたらそう見えるかな?ってくらい汚いですwwもっと汚いかも・・・。

 

 

読める字を書く時はサインするときだけ。

 

字が汚くなるほど、いつも何をそんな慌てて書く必要があるのだろうw

 

 

 

 

でも、字汚い人って天才なんですって。

 

へー!!

 

確かに夫は頭良いですよ。

 

ごめんなさいね!!

 

普通なら自分の旦那さんをほめたりしないものかもしれないですけど、私、夫を自分のものと思ってないので、そうなっちゃうんです。

 

夫の上司にも平気で夫を褒めてしまって、変な顔されてしまった事もあるくらいいつもの事なんで、気にしないでください。

 

よく皆さん、旦那さんを下げるような事言えるよなぁ。

 

それだけご自身と同一の存在になってるって事なのかな。

 

 

 

私がこうして漫画を描いているのも夫のおかげなんです。

 

だって、みんな私に絵を描く事を忘れろと言ったり、お前の絵なんかちっとも良い所ないと言ったり、私に絵の自信をつけさせるような事は一切なかったです。一切。

 

だからいまだに自分の絵に納得いかないし、いつも下手だ下手だと嘆いてます。

 

完全にやる気をなくして、だけどまだあきらめきれずにプカプカ浮いてる私を救い上げて、キチンと汚れを取って、安全な場所に隔離して、ここまでシッカリ立てるように教育してくれたのが夫です。

 

誰も私にこんな事してくれなかったです。

 

みんな、手を貸す訳でもなく言うだけ言うんです。

 

 

「大人なんだから自分で何とかしなさいよ」

 

 

そう思われますか?

 

みんなそう思うみたいですw

 

でも、できない人もいるんです。ここにw

 

病気だったら助けてくれるでしょう。

 

体が不自由だったら世話をしてくれるでしょう。

 

五体満足のお前は一体何をやっている?って、そういう事を言われるわけです。

 

 

でも夫は

 

何かに秀でている人は不足する所があるから、周りが何とかしてあげないといけない。

 

という考えです。

 

これはPatchを気遣ってとか、Patchだから特別にそう言うとか、そういうんじゃなくて、私じゃなくてもご縁があれば助けていたと思います。

 

このようにひとりの人間を立ち直らせる頭の良さを持ってるんです。

 

 

 

ホームページの【S.O.M】は私と夫のイニシャルをかけあわせたものです。

 

ひとりで描いてるんだけど、そういった理由によりひとりで描いてるわけではないので、そのようにいたしました。

 

 

 

仮に・・・

 

一家余裕で暮らせるくらい大物になったら。

 

 

 

才能があるのに報われない環境にいる人をみつけたら、支えてあげたいです。

 

 

夢ですねw

 

 

「死ぬまでに叶えたい100のリスト」っていうノートが売ってたけど、あれ買って、書きこんでみようかなw

 

 

 


時間の概念のイメージ

時間の概念をイメージしてる方っていらっしゃいます?

 

私はこんな感じなんです。

 

 

8月がとても広くて、9月が狭く、なぜか楕円形。

 

これを3Dでイメージしてて、色んな角度から見たります。

 

それぞれ色があって、毎月こんな色のイメージです。

 

12月はクリスマスカラーの赤なんでしょうね。

 

3月は桃の節句?

 

この図の使い方はこうです。

 

楕円の内側が1日始まりです。

 

 

 

 

一年に限らず、年齢に関してもイメージがあります。

 

年齢は階段状なんです。

 

天国への階段かも?w

 

階段ではなく、横倒しでイメージする時もあります。

 

 

曜日でもこんなイメージがありますが、なぜか24時間に関してはありませんw

 

 

いずれも背景は漆黒の闇。

 

 

小さい頃からこのイメージで変わらないです。

 

たぶん死ぬまでこのイメージなんだろうな。

 

 


似たようなお話観たくなるよね

昨日、Yahooのニュースで見かけたんですけど、SNSで話題になってる漫画って話なんで読んでみました。

 

学生の男女がいて、優等生が男の子に「悪い事を教えて」みたいなことを持ち掛けてるお話なんだって。

 

漫画は読んでないけど、コメント欄が酷かったですw

 

前にも同じような作品紹介してたじゃないか、というものが散見されました。

 

二番煎じというやつなのでしょう。

 

でも・・・一回観た作品が好みだったら、似たようなお話探したりしませんか?

 

昔「ツイスター」という映画があったのですが、あれ面白くて、他にも竜巻の映画ないかなーって色々観たくなりました。

 

でも竜巻の映画ってなかなかなくて、気象が悪くなる話ならなんでもいいやwってなっていきましたけど・・・。

 

そういう事も起こり得るので、あっても良いのでは?と思うのですが、作家的には二番煎じなんて言われたら相当ショックでしょうね。

 

私だってイヤだよw

 

まぁ、もう63話まで描いてますから、KITERIRAは二番煎じだなんて言われる事はないと思いますけどね!!・・・たぶん。

 

これだけたくさん描いてれば、私の漫画を真似して作品創ろうとしても、Patch63人分くらいいないと難しいと思います。

 

 

・・・まぁ誰も真似したいとは思わないだろうけどw

 

 

 

 

 

今日も元気におはようございます!!

 

 

 

 

・・・はぁ〜。

 

ついにひとつ年をとってしまったw

 

ハッピーバースデーわ・た・し☆

 

 

しかし私が生まれたのは夕方の5時半なので、時間的にはまだ・・・ギリギリまだ!!・・・なんです。

 

な・・・なんだこのがけっぷちはっw

 

時間という抗えないものに背中を押されて、次なる年齢が待ち受ける谷底に押し出されようとしている・・・。

 

 

 

 


普通と違うのかな?と思う事

あと2コマ描けば終わりなんですけど、昨日に引き続きやる気があまりなく。

 

そのせいか、メインキャラの顔立ちが納得いかないんです。

 

どうしたものか。

 

 

いよいよまたひとつ年をとる事になります。

 

イヤだなぁw

 

毎年恐怖に感じるのだけど、一年経つと一年前の自分はまだ若かったなぁって思います。

 

この年になってようやく私をバカにする人は減ってきました。

 

若いとそれだけで下に見る人が世の中に結構いるんです。

 

特に私は話してる事がちょっとおかしいようで、余計になのですけどね。

 

自分は普通だと思ってるんですけど、よその人にとっては理解しにくいみたいです。

 

一瞬困った顔されるんです。特に男性です。理解できない、みたいな顔。

 

そこで夫が代わりに伝えて「あぁ」って感じです。

 

 

 

 

 

 

なんで伝わらんの?

 

 

 

 

 

 

同じ事言ってるじゃんよ〜・・・(おこ)

 

どうせ「これだから女の話す事は意味不明なんだよ」とかネットの何とか掲示板に書き込むんでしょw

 

とか思うんですけど・・・。

 

 

でも基本的に自分の考え方は一般的じゃないのかもしれません。

 

友達とかイベントで知り合う人とは話せるんですもの。

 

アーティストタイプの人とは通じるのかなと。

 

・・・通じない人もいるけど。

 

 

 

近年、同学年の人と出会う事が多かったです。

 

同学年の人って特別な存在。

 

だって、同じ時に受験したり、同じテレビ番組を見ていたり、同じだけの時間と時代を過ごしてきた人ですからね。

 

社会人になってみんな別々の人生を生きてきたわけだけど、それぞれにたくさんの事が起きて全く違う世界を生きているんです。

 

なんか不思議です。

 

 

って、こういう話を普通の人にすると「え?」って顔されます。

 

今まで考えた事もなかったのかもしれないです。

 

そういう感覚がきっとセンシティブでアーティストな感覚なのかなぁ?と考えます。

 

自分は普通だと思うのだけどw

 

 

 

そういう感覚で話すと通じない事も多いのかもしれません。

 

いかにして伝えるかっていうのが重要なんですけど、私は「喋り」ではムリです。

 

漫画にするのが一番なのかな。

 

 

 


人がいっぱい

靴流通センターっていっつも閉店セールやってませんか?

 

「あら・・・閉店するのかぁ」

 

なんて思ってたのに一向に閉店しないでずーっと営業してるの。

 

そんな所ばかり。

 

最近、うちの近くの靴流通センターはまた閉店セールの旗をたくさん立ててるよ?

 

どうせ閉店なんかしないと思って信用しない事にしてます。

 

 

 

そうして閉店をお知らせするお店もあれば、気付くとなくなってるお店も多いです。

 

最近行かなかったらなくなってる!!

 

なんて残念に思います。

 

そのあとマンションやアパートになってしまって、また住民が増えるだけ。

 

このあたりお店がなくなって家になっちゃう所多くて、不便ですw

 

お店少ないし、道路も混むし、カフェは満員、公園のベンチも満席。

 

人だらけ。

 

人がたくさんいるって事は公共施設が充実していて安全なんです。

 

夫の親戚にたまにお会いするので地方へ行くのですけど、帰りとか真っ暗なんです。

 

角を曲がったら暗闇。

 

街灯がないんですよね。

 

人が歩かないなら必要なくて設置されず、そのためかえって安全ではなかったり。

 

地方と言っても近隣の人が家族のように仲良くタッグを組んでいるのであれば安全なのかもしれませんが、栄えてる所はそこまで同じ地域の人と結び付きがなくて、あそこに歩いてる人が誰だかわからないなんて所だったら明かりがない分東京よりも危ないかもしれないですね。

 

東京はそんな危なくないけど、地方から来た人はなんだか「怖い所」っていう印象があるみたい。

 

元々東京に生まれ育ってる人は普通の人が多いのだけど、色んな所から人が集まって「東京は危なくて怖いから」強くあろうとするのでしょうか、よくわからないけど、元から住んでる人は至って普通なんですけどね・・・。

 

地方から転校してきた人にもみんな気遣って優しくしましたしね。

 

優しさの基準が違うかもしれないですけど。

 

私の経験では、地方から来た人の方が怖いです。

 

だって、東京の悪口を東京人の目の前で言うんですもの。

 

たぶんその方が育った地域では東京の悪口を言うのが当たり前なんだと思います。

 

そのくらい、普通に言いました。

 

みんな笑って「アハハ、そんなトコもあるよね〜」って言うけど、良い気分ではないです。

 

自分の故郷をそう言われたら・・・ね^^;

 

仕方ないかぁ^^;そのうちわかってくれるよね?って感じです。

 

東京人あるある話・・・と、友達とはそう言ってますが・・・w

 


直感で生きております

気分や流れに身を任せると、なんだかうまくいく事が多いです。

 

 

ここで質問があります。

 

もし、どこかにお出かけしようと思っていたら帽子がみつからなかったとしたらどうしますか?

 

 

・帽子はしないで出かける

 

・帽子がないなら出かけない


 

仕事で出かけるのであれば別ですよw

 

仕事だったら具合悪くなければ迷わず出かけてくださいw

 

この場合、どちらも選べるという状況です。

 

 

 

私は『帽子がないなら出かけない』を選びます。

 

 

 

そうするとうまくいく事が多いです。

 

 

にわか雨が降ってきたとか電車が人身事故でずっと止まってしまったとか、そういった事に巻き込まれずに済むんです。

 

なので、自分の勘を大切にして生きていますw

 

野性的〜ワイルド〜☆

 

 

昨日もそんな事がありました。

 

お散歩したんですけど、ちょうど踏切にぶつかりまして。

 

待ってたんだけどちっとも開かないんです。

 

これは引き返して帰るべきだなと感じたんですけど、最近駅までお散歩してなかったんで、ちょっと頑張って待ってみるか、と待っていました。

 

5本の電車が通り過ぎてようやく踏切が開いて・・・。

 

その時間にその踏切で5本の電車のためにずっと閉まりっぱなしって珍しい事です。

 

前夜の暴風雨の影響で電車の遅れが出たためなんですけどね。

 

でも目の前で踏切が下りて「ひきかえす?」って思った時は引き返すべきなんです。

 

誰かが・・・あるいは何事かが私を呼んでいるからw

 

 

夜になってポストを確認すると、郵便局からの不在通知が入ってました。

 

時間的に、あの踏切が下りた時引き返していたらちゃんと受け取れていたんですけど、待ってしまったから受け取れなかったです。

 

ちょっとした事ではあるんですけど、そういう事多いので、こうしよう、あぁしよう、ってフッと思いついたらそうした方がいいんです。私の場合。

 

 

ちなみに、踏切を待ってぶらぶらしてたものの、何も買い物もしなくてカフェも混んでいて入れなくて、何もしないで帰宅しました。

 

そんなんだったら引き返してても同じでしたよね^^;

 

 


色々あるから作品になるのかな

vlog(ブイログ)ってご存知ですか?

 

blog(ブログ)はココのような好きな事を好きなように書くトコロですが、vlogは同じような事をビデオで記すものです。

 

このお店美味しかったとか、このテーマパーク面白かったとか、顔出しで。

 

海外では流行ってるそうですが、日本では流行らないかもですね☆

 

知り合い同士で閲覧するのならいいかもしれないですけど、それだったら一緒に出掛けて一緒に楽しんだ方が良いような気がします。

 

 

あとは、映りたくないって人も映り込む可能性があるという事。

 

 

私は絶対に映りたくないですw

 

先日、カフェでまったりしていたら、スマホで動画撮影してる人たちがいたんです。

 

すごくイヤだなって思って・・・。

 

顔映ってなくても会話も録音されてるかもしれないでしょ?

 

近くでは商談のためにカフェを使ってる人たちもいたし、思い思いの時間を過ごしているのだから、あまりよろしくないような気がするんですけどね。

 

 

会話・・・

 

 

ブログでは漫画の話や夫の話をたくさんしておりますが、知り合いと話す時は聞かれなければ答えないです。

 

ブログで書く事と会話する事は違うと思うんです。

 

 

会話ってキャッチボールのようだと言いますが、二人で会話してたら二人が主役なわけで・・・。

 

どちらかのお祝い事で集まったなどの理由があれば、どちらかが主役となる例外もありますけど。

 

基本的には二人で話していて気持ちの良い話題を出すべきと思っていて。

 

夫の話も、旦那さんいる人にだけするようにしてます。

 

漫画の話も、漫画や創作に興味がありそうな人にだけ。

 

相手が何に興味あるのかわからないのだったら質問して相手の話を引き出す事で終わります。

 

それが私にとっての会話でありコミュニケーションの取り方です。

 

 

一方、ブログというのは、書き手が自ら情報を書き出さないと記事が増えていきませんから、誰かが読んでるというのは意識してないです。

 

言いたい事言いたいだけ言うw

 

 

そのくらい、意識の違いがあります。

 

 

私にお子さんの話をずーっとする友達がいるのですが、正直しんどいです。

 

わからないんです^^;幸せなのは私も嬉しいのだけど、そればっかりはツライなと。

 

ブログであれば、よくわからない話だから読まないという選択肢を取る事ができます。

 

でも会話って避けようがないですから、ヘタするとキャッチボールではなくひたすらボールを投げつけられる時もあります。

 

友達だから(も〜・・・しょうがないなぁ^^;)と受け止めてあげられるけど、あんまりされるとだんだん(私の事なんだと思ってるんだろ?)って不信感が湧いてきて、最後はキレて終わります・・・。

 

言いたい事がたくさんあるのであればブログをオススメしたいのだけど、パソコン難しいから使わないと言ってしまう相手だったりして。

 

私はココに吐き出してるけども、そういう場所がなくて友達や家族などにバーッと吐き出しちゃうんだろうな。

 

そう考えると聞いてあげなきゃいけないとは思うけど、限度があって・・・。

 

 

 

ずいぶん前に何かで読んだか聞いたかした曖昧な話ですけど・・・。

 

アメリカでは日本映画のリメイクが多いですけど、これはなぜか?という話があって。

 

字幕読むのをめんどくさがるんですって。

 

それでリメイクして楽しむんだとか、そんな話をずっと前に知りました。

 

ホントかどうかわからないので、話半分でおねがいしますw

 

その話を聞いたから何となく思うのだけど、vlogが海外で流行るというのは映像で情報を得るのが楽だからかなぁ?

 

ブログのように文字だらけなのは読んでられないのかも?

 

なんて。

 

 

文字は良いですよ。

 

知性の羅列ですもんね!!

 

私のブログに知性があるかどうかはさておきw

 

 

本って、どんどん増えていきますよね。

 

そして我が家は捨てられない人たちの住処です。

 

どうしても本であふれかえってしまうんです・・・。

 

 

そこで考えたのが、本の自炊。

 

自炊というのは本をデータ化してiPadで読めるようにする事です。

 

ご飯を作る事ではなく。

 

2年くらいやってるかなぁ?

 

やってみて今現在思う事を書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

本は本のままが良い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由はですね・・・

 

 

例えば、占いの本を自炊するとします。

 

占いの本っていうのは読む所が限られてますよね。

 

自分や知り合いの誕生日だけ読めれば良くて、他は不要なのです。

 

不要な部分を全てデータ化して容量を使うってのはもったいないし、何よりページをめくるのがとっても大変!!

 

読んでいくうちに「この数字の計算の仕方は〇〇ページを参照」なんて書かれてそのページまで戻るのが一苦労な上に、計算を終えて元のページに戻る作業が非常に手間です。

 

紙の本だったらササッとめくれるんですけどねw

 

 

 

そういう【みたい所がすぐに見れない】時がある不便さがあります。

 

かさばる本を全てiPad程度の重さに押し込める利点もありますけど、データ化した本は実際にはそんなに読まないですね・・・。

 

自炊できない本ほど私に必要だったりします。

 

だったら思い切って捨ててしまうのもいいのかもしれないですけどね・・・捨てられないんだなぁ^^;

 

 

散らかってる部屋も、それはそれで良い所あります。

 

片付けてたらすっかり忘れていた本をみつけて漫画のネタになる事がとっても多いんです。

 

虫が現れて恐怖する事すら作品となり得ます。

 

 

 

これなんかソレです。

 

家に大量の羽アリが現れた後に描いた羽アリクレナ。

 

色々あるから作品になりますw

 

整理整頓されていたら何事もなく安心すぎて作品にならないのかもしれませんww

 

掃除しない言い訳かもですね^^;

 

 

 

 

そんなこんなの朝・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、おはようございます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

挨拶までの前置きが長かった

 

 

 


動画で色々考える事

YouTubeのトップに、チャンネル紹介動画というのが設置できるようなのです。

 

とっても悩んでるんです。

 

どう紹介したら良いのか・・・。

 

キャラクター紹介がいいのかなぁ?と考えたり、リズムに乗せて楽し気でギャグ満載のものにしたらいいのか?と考えたり。

 

それよりなにより、また時間かけて動画制作して、漫画の方は一体どうした!?という感じになりそうですね^^;

 

番外編7のネームも描き始めていたのですが、動画の方ばかりいじくってました・・・w

 

番外編漫画は32ページという時間のかかる漫画なので、5ページとか短めの漫画を描くのも楽しいんじゃないかと考えてます。

 

そしたら毎月必ずクレナチョコエッグプランに作品が出せるというものですw

 

32ページもあると読むの大変だけど、そのくらいの短さならサラッと読めていいのかも・・・。

 

動画も、長いより短い方がいいんじゃないかって気がしてますw

 

もう7点もあります。

 

何か、うれしい♪

 

【死闘!!クレナうさぎ】を夫が視聴したのですが、良いんだか悪いんだかわからない反応だったんですけど、どうなんですか?w

 

個人的には、ジュンが箸でお魚クレナうさぎを捕まえようとしてるのとか、ミサの周りをグルグル走るのとか、気に入ってるんですけどねww

 

自分が楽しければいっか!!

 

「続きは作るの?」

 

っていう質問は夫からもらいました。

 

あれで終わりだったんだけど、気になる終わり方なのかしらね(?。?)創ってる人はご感想頂かないとよくわからないんです。

 

ご感想ってとっても重要なんです!!

 

でもこれがなかなか頂けるものではないので困ったものですね。

 

 


どうしたら休めるのか

家にいると、いつも何かしらしてます。

 

ほとんどは作品制作です。

 

じっとしてられないんです^^;

 

自分にムチうって追い込んで、ちっとも休んでないから疲れてきます・・・。

 

夫が帰宅したら家族団らんを大切にしようと思って制作は控えているので、夜になると安らぐのですが、何もすることがないと寝てしまいます。

 

ご飯食べ終わったら椅子の上でスヤスヤ眠っています。

 

夜ハッと目が覚めて「もうこんな時間!!」と、お風呂入ってベッドで寝直します。

 

ちっとも団らんになってないですよね。

 

 

どこかで休みの時間を作らないといけないです。

 

家にいるとどうしても何かしてしまうんで、外出すればいいと考えてます。

 

一番いいのはカフェ。

 

昨日もカフェ行ったんですけど、やる事なくてカックンカックン今にも眠りそうでした。

 

強制的に1時間くらいそうして自分を休ませようかなって思い付いて。

 

ヒマだろうなー(笑)

 

カフェにいくとパソコン使っていたり何かメモしてたり勉強してたり、そんな方々をお見受けするのですが、私はそういうの一人だとできないんです。

 

カフェなら何もできないからよく休めるのかなと思うのですが。

 

でも、眠ってるっていうのもどうなのかな。

 

自分を休ませるってすごく難しいですね。

 

それと、どのくらいで休まった事になるんでしょうか?

 

ゲームならパワーゲージがあるからわかりやすいけど、実物の人間はどこが全快なのかわからないですよねw

 

 

 

そんなわけで今日の午後はお散歩がてら駅前のカフェに行ってみようかと思ったけど、どうやら漫画が午前中に終わらなそうです。

 

まだ3コマしか描いてないよww

 

たるんどる!!ww

 

 


こんなのが欲しいです

本屋に行くとインテリア系の雑誌が置いてある所に

 

 

 

こんなような置物がテーブルの上に横に4つくらい並んでる表紙があるんですけど

 

 

 

 

 

 

クレナうさぎバージョンが欲しいと思ってるんですけど。

 

 

 

 

 

でもあんな可愛い置物、私には作れないな。

 

時間も足りないし・・・。

 

 

 

なんだっけな・・・パリジェンヌのお部屋の雑誌だったかな。

 

インテリア系の雑誌って、ファンタジーを楽しむように見てます。

 

だってあんなの、自分の部屋には不向きですから。

 

断捨離もムリ。

 

大切な物がたくさんあるから。

 

不要になったものも頑張って捨ててます。

 

ズボンのまたが擦り切れて「もう履かないよね?」って捨てようとすると苦い顔する人がいて、すごく捨てにくいんです。

 

まるで私がなんでもかんでも捨てる悪者みたいな・・・。

 

そんなんだからムリなんですよね。

 

インテリア雑誌なんてファンタジーですよ。えぇ・・・。

 

 

 

今ちょっと「これはないな」って思うのがあります。

 

窓辺に本を並べて置いてる写真を表紙にしてる雑誌です・・・。

 

本って日に当てるとすぐに黄色くなっちゃうんで

 

「絶対こんな事できないよっ!!」

 

って悲鳴をあげてました。・・・心の中で。

 

本は大切にしましょう!!

 

 

インテリア用のただの飾り物で、中身は白紙かもしれませんけどね^^;

 

 

そういえば大学の図書館でバイトしてた時、水たまりで転んで本も自分もビショビショになって、涙でグショグショになって謝ってる可哀想な学生さんがいました。

 

本当にお気の毒。

 

お気の毒だけどそれはそれ、これはこれ。

 

弁償でございます。

 

弁償は、お金で支払いか、同じ本を購入して持って来てもらうか、という感じだった気がします。

 

でも古い本だと難しいんですよね。

 

なので私は借りないです。

 

図書館で読んで棚に戻します。

 

一番無難・・・。

 

 

 

最近ではスマホで本の内容を撮ったりする問題があるみたいですね。

 

すぐネットに上がっちゃう世の中だから、著者にとってはたまったものじゃないでしょう・・・。

 

難しい世の中です。

 

 



カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

クレナうさぎ


ブログ内にたびたび登場するこのどうぶつは、Patchが描いてるオリジナル漫画のキャラクター『クレナうさぎ』です!! よろしくね!!
くれっちろぐ村人一覧


幸せの青いカワセミ

メールフォーム

Patchの他のサイト

ホームページ

ブクログ

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

コメント

  • 初夢&おみくじどうしよう
    Patch
  • 初夢&おみくじどうしよう
    まるぽん

おすすめ作家様

プロフィール

書いた記事数:3029
最後に更新した日:2019/04/24
お問い合わせはプロフィールページのメールフォームからお願いいたします。

サイト内検索

Patch用